デジタルレシピ本『簡単サワー種でつくる本格ライ麦パン』好評発売中!ここをチェック◀

チョコがけビスコッティのチョコは菜箸と冷蔵庫で固める!

【チョコがけビスコッティ】

スポンサーリンク




★金柑酵母液種ストレート

 

こんにちは^^ノ

自家製酵母のビスコッティレシピ。作り方は超簡単で止まらない美味しさ!

こちらのレシピを砂糖40gにして、チョコまでかけて、差し入れ用に仕上げました!

 

プレーンビスコッティにチョコを塗る

まずは上記のレシピで大量に酵母のビスコッティを作りました。

プレーンのビスコッティ、砂糖我が家の倍量にしたら、やっぱりそれだけで「あま~いおやつ♡」といった感じの満足感。

うちはいつも20gでほの甘仕上げにしてポリポリ感を楽しむ、そして罪悪感を持たない!というおやつにしてますが(笑)

やっぱり甘いのもおいしいのです。

市販のキューブチョコを小さなコーヒーカップに8割ほど入れ、電子レンジで様子を見ながら溶かしました。

それを小さなスプーンでビスコッティに塗りつけます。

表面だけ塗っているので、こんな風にタッパーに置いた菜箸の上でしばらく落ち着かせたあと、

チョコ面を上にしてタッパーに並べ、上からクッキングシート、また並べてシート、また並べて・・・

を繰り返し、あとはタッパーの蓋を閉めて冷蔵庫でしばらく冷やし固めたら完成♪

 

久しぶりにこのオシャレ瓶を出してきて、完成したチョコがけビスコッティを詰めて山に持参しました。

山男ではなく、綺麗なお姉さんたちに食べていただいて、ビスコッティも嬉しかったことでしょう。

今度は奥さんのためにいっぱい作ってあげよう♪

「今までで一番おいしい!!!すごい!!」といつもながら激賞してくれたのに、みんなに遠慮してあまり食べなかった奥さん。

ビスコッティしこまねば!!

スポンサーリンク


 

【上手になったリュスティック】

★金柑酵母液種ストレート

 

最近は週末になると必ず原っぱに出かけ、フリーランニングの技の練習に励むアクロバティイク女子な奥さん。

この日は焼けたリュスティックをスライスだけして持参し、途中のスーパーの総菜コーナーでカニクリームコロッケを2個買って、ついてから挟んで食べました。

一口目からカニクリームとろっとろに溢れてきて大変だったけど、ぷりぷりもっちりリュスティックで受け止めながらおいしくいただきました★

 

反省を生かしたパン作り

おいしいと納得できるパンが焼けなくなるスランプに陥って、パン焼きの勉強をして以来、いろいろな過程をしっかり気をつけながら丁寧にゆっくりパン焼きしています。

パンをおいしく焼くコツは?過発酵・こね・ガス抜き・焼成時間と温度は?

このリュスティックも冷蔵庫で低温長時間発酵させて、ゆっくりおいしく熟成させたおかげか、食べた瞬間鼻から金柑の香りが抜けるさわやかでもっちりしたリュスティックにしあがりました!

今日は久しぶりにバゲットを仕込んでいます。

フィンガーチェックや成形に注意しながら、クープもさっき勉強してきたので「横から剥ぐように」やってみます!!

やっぱりプロは、生地を触る頻度が「最小限!」のようです。

がんばるぞー!

GWも終わり、また日常が始まりましたね。

やること、やりたいことがたくさんあります。

目標に向かって、仕事も頑張ります!!

皆さんもおいしいパンを食べながら焼きながら、頑張ってください^^

 

 

こびと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です