初のレシピ本『簡単サワー種でつくる本格ライ麦パン』期間限定特別価格で販売中!ここをチェック!

何でも作れる基本のふわパンの作り方&レシピ!活用自由自在!

自家製酵母のふわパン

~丸パン・ちぎりパン・ドッグパン・リングパン・ロールパン・あんパンなど活用自在~

この「ふわパン」レシピさえあれば、甘系もホットドックも総菜パンもちぎりパンもなんでも焼けます!超シンプルな基本の味のパン。いろんなパンに活用して使ってください^^ノ 混ぜたり乗せたり足したり引いたりしてどうぞ^^

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年7月更新の新たな「万能ふわふわレシピ」、ノンオイルふわふわパンはもっとヘルシーでもっとふわふわ、さらにふわパンよりも劣化が遅い気がする超おすすめパンです!ぜひこちらも作ってみてください^^ノ

ノンオイルふわふわパンレシピ!革命的に美味しいトランス脂肪酸フリーのパン

ちなみにこのレシピで食パンも焼けちゃいますよ♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーリンク


(材料)(約6人分)

・強力粉    250g

・砂糖     15g

・塩      3g

・オイル    15g

(我が家はサラダ油ですが、バターだとなおおいしいはず!笑)

元種(液種と粉が1:1のもの使用)50g

・牛乳(豆乳) 170g

 

 (作り方)

 

1、手ごねでもいいですが、疲れている方はHBがあればコネだけ任せちゃいましょう♪我が家は20年くらい前のHB使用なので、オイルやフィリングの後入れ設定とかありません(笑)全部いっぺんに入れていますが問題ありません。材料を上から順番にどんどん入れて、あとは食パンコースにコネてもらっています。

 

2、コネ終わったら取り出して、少し生地を引っ張って生地の薄い膜をつくり、後ろから指でつんつんしても膜がやぶれず弾力で跳ね返してくれるようであればコネあがりです。

 

ボウルに取り出してつるんとかたちを整え、しっかりとラップをしてあたたかいところで2~3倍になるまで1次発酵をします。途中8割ぐらい発酵した時点で一度パンチを入れます。

(発酵前)

↓↓↓

(発酵後)

 

3、打ち粉をした台の上に取り出し、軽く丸めたあとスケッパーで必要個数に分割します。分割したものを乾燥しないうちに手早く丸め、とじ目を下にして並べ、濡れ布巾をかぶせて20分ベンチタイムをとります。

 

4、丸パンの場合はこのまま2次発酵に入るためにラップをかぶせて40℃のオーブンで60分。

(これは2次発酵終了時点。結構膨らみました)

 

ドッグパン(コッペパン)の場合はクッペ成形かフランスパン成形で形を整え、2次発酵終了後に隣同士がくっつくようにオーブンシートを敷いた天板に並べてあげると「ちぎりパン式ドッグパン(コッペパン)」となり、形はまっすぐ、中はほわんほわんになります♪2次発酵後は約2倍になるので、それを考慮して並べてあげてください!

 

(「ぼっちゅんカフェ」のあんこさん考案の素敵なドッグパン製法です♪あんこさん感謝><♥)

(これも2次発酵終了後です。しっかり隣とくっつきました!)

 

あんパンやカレーパンなど、中にフィリングを入れる場合は分割してベンチタイムが終わったものを綿棒で丸く伸ばし、フィリングを詰めてからとじ目を下にしてオーブンシートの上に並べ、40℃60分発酵してください。

 

フィリングも入るのでかなり大きくなります。我が家の長方形の天板でもいっぱいいっぱいなので、正方形だとこの分量では乗り切らないかもしれません。分量をすべて0.7倍するなどして調節してみてください!

(フィリングを乗せているところ。これは結局丸ではなくコッペパンのような形になりました!)

 

シナモンロールやあんロールなど、何かフィリングを挟んで巻く場合には、1次発酵後に分割をせずに大きな丸のまま濡れ布巾をかぶせて20分ベンチ後、大きな長方形になるように綿棒で伸ばしてフィリングを乗せ、くるくると端から丸めます。

 

とじ目をしっかり閉じて、好みの太さに形を整えたらスケッパーで思い切りよくジャキンとカットします。渦巻き模様を上に向け、オーブンシートに並べて2次発酵に進んでください。

(カットした直後のあんロールです)

(スクエア型に詰めて2次発酵が終了したシナモンロールです)

 

5、2次発酵が終了したらオーブンから一度取り出し、210℃に予熱をします。しっかりと予熱をしたオーブンで、210℃で20分焼成してください。

 

(この温度だと、中はふわふわ外側は少しだけカリッとします。クラストというほどではありません。まずはこの温度がおすすめで、もっと白パン寄りにしたい方は、焼成温度を下げてみてください^^僕は210℃か220℃が好みです♪)

 

※ご家庭のオーブンによって焼成温度や時間はかなり変わってきます。1度これで焼いて見て、パンの状態を見て、次に焼くときには調節してみてください!

 

スポンサーリンク


 

【ふわパンを活用したパンたち】

このふわパンレシピをたくさんのパンに応用してきました!

 

シナモンロール

 

チーズカレーパン

 

あんロール

 

カスタードクリームちぎりパン

 

みかんの甘露煮ロール(ミルクアイシング)

 

ホットドック

 

コーンカレーパン(総菜パン)

 

シンプル丸パン

昨日焼いたものです^^

ふわっふわで軽いパンです♥おばあちゃんが喜びました!笑

上の模様みたいなのは、焼く前にトップに

ピーナツクリームや練乳、かりんシロップを乗せて置いたら、

あんなふうに可愛い模様になって焼きあがりました♥

これははまる!自然な模様かわいい♥

 

今朝、伊豆ジャム(桃味)を塗ってシンプルに食べたんですが、

めっちゃおいしかった~~~><♥

ジャムをおいしくいただけるパンって、あんまりつくったことなかったのですが、

いいですね、シンプルに丸パンも^^

何にでも合うこの【ふわパン】レシピを、

皆さんよかったらいろんな応用パンに使ってやってくださいませ(*^^*)

簡単だし、かなり焼きこんでますが全然失敗しない自慢のレシピです♪

 

 

こいつらは昔焼いたサフのみのパンですが、

リングちぎりパン、パッタンパン、バンズにも

もちろん応用可能だと思います!

ぜひぜひ僕にいろんなパンのアイデアを教えてください~♪

(レパートリーがもっと増えたらうれしいです♪)

 

この【ふわパン】レシピをついに投稿できたことで、

なんだか気持ちがよくてデトックスしたような気分ですwww

もうレシピノートにふわパン試作メモを取らなくて済むwww

改良するとしたら、いろんな焼き時間、温度、2次発酵の時間の比較はやってみたいです!

が、レシピ的には一番簡単で分量もかなり覚えやすいところまで持ってこれたと思うので、

とりあえずは僕もこれでたくさんたくさん楽しみたいと思います^^ノ

これからもよろしく【ふわパン】ちゃん~♥

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です