リスドォル(準強力粉)とは?おすすめはフランスパンとクロワッサン!

リスドォル(準強力粉)の特徴

スポンサーリンク


「フランスパン専用粉」「準強力粉」と聞いて日本人が真っ先に思い浮かべるのがリスドォルではないでしょうか?

 

前回高級な準強力粉「ラ・トラディション・フランセーズ」について扱いました。

高級!ラ・トラディション・フランセーズ(仏産準強力粉)の特徴とは?

高級!ラ・トラディション・フランセーズ(仏産準強力粉)の特徴とは?

 

今回は、日本のパン屋さんに一番愛されているらしい万人受けする準強力粉、

リスドォルについて詳しくまとめていきたいと思います!

 

 

リスドォルの基本データ(原産地・タンパク・灰分)

 

 

原産地:アメリカ、カナダ、オーストラリアなどが中心

タンパク含有量:10.7%

灰分:0.45%

その他:製品製造国は日本。つまり、「日本のフランスパン専用粉」。

 

 

※タンパク含有量と灰分はメーカーや季節によって多少異なる場合があります。上記はcottaさんのHP参照値。

 

リスドォルの特徴

リスドォルは日本人が、日本人のために、美味しいフランスパンを作れるように開発された粉のようですね。オシャレで伝統の香りただようパッケージデザインから、てっきり外国の製品かと思っていました。

 

粉自体は外国産の粉ですが、その配合(ブレンド)は日本でされているようです。

 

しかも現在リスドォル誕生40周年みたいなので、お安くGETできるチャンスですね!

 

日本の多くのパン屋さん(有名パン店も含む)が、実際にお店の製品にリスドォルを愛用しています。

 

リスドォルが得意とするフランスパン、ハードパン系を始め、フランスのヴィエノワズリー(デニッシュ、菓子パン系)も美味しくできます。

 

クラストは香ばしくカリッとバリっと、しかし軽やかに焼き上がり、クラム(内部)はしっとり口どけの良い滑らかな舌触り。

 

本場フランスのバゲットよりは、日本人の好みにあった軽めのバゲットを焼くのにうってつけの粉だと言えそうです。

 

しかしリスドォルは焼く人の技術や、作る手順、配合によってまったくその表情を変える粉で、軽やかだとはいえ奥の深い付き合い甲斐のある粉だと言われています。

 

とくにハードパン初心者の方におすすめできる理由が、その扱いやすさにあります。

 

成形もしやすく、クープも開きやすいと評判です。

 

HBがなくても、手ごねでもうまくできるので初心者さんはぜひ試してみてほしい準強力粉です^^

 

リスドォル 2.5㎏

cotta(コッタ) フランスパン用準強力粉 リスドォル 2.5kg

新品価格
¥1,049から
(2017/11/2 17:40時点)

プライム対象なので、送料なしでこのお値段で購入できます!

おすすめです^^♪

粉自体は700円くらいのお値段で売っていても、実は送料が600円以上かかるっていう場合があるので、1000円ちょっとでポンっとおうちに届くのはありがたいことですね。

 

リスドォル 3kg

リスドォル(日清製粉) / 3kg TOMIZ(富澤商店) フランス/ハードパン用粉(準強力粉) 準強力小麦粉

新品価格
¥1,285から
(2017/11/2 17:42時点)

富澤商店さんから出ているこちらの3kgのリスドォルもなかなかお得!

上のコッタさんのとほぼほぼ一緒ですが、「3kgすぐ使っちゃうよ!」って方はこちらはいかがでしょうか?

 

僕は5kgくらい欲しいですが(笑)

 

ご参考までに、比較・ご検討ください^^

プライム会員ならどちらもお得ですよね>v6-☆

 

リスドォルを使うのにおすすめのパンは?

やっぱり、なんといっても、バゲットです!!!

 

僕はリスドォルを買わずに、いかに家にある粉でバゲットを焼けるかをずっと研究してバゲットを焼いてきましたが、正直初心者さんはリスドォルで焼いてみて、「バゲットを焼く喜び」を早く掴まれた方が幸せではないでしょうか(笑)

 

僕のようにいばらの道に踏み込まずとも、素晴らしい粉がありますから!笑

 

もし「いや、私も家にある強力粉と薄力粉でバゲットを作りたい」という方がいらっしゃいましたら、こちらのレシピをどうぞ(^^)ノ

自家製天然酵母のバゲットレシピと作り方工程&コツ!(強力粉+薄力粉使用)

 

スポンサーリンク


 

あとは、リスドォルに慣れてきたらクロワッサンにもチャレンジしてみたいところです。

強力粉100%でつくるときとの違いを感じてみましょう。

 

生地が強力粉のみのときよりも伸びやすいので、扱いやすく綺麗なデニッシュ生地をつくることができます。

仕上がりはサックサク^^

 

デニッシュの層には軽さとしっとりさが欲しいと僕は思いますが、強力粉のみではなかなか難しい部分も、リスドォルなら実現可能なのかもしれません。

 

この冬はクロワッサン作りもやろうと思っているので、いろいろ配合を試すのが楽しみです♪

 

 

リスドォルー使い方のコツ

 

コツは特にありません。とても使いやすい準強力粉なので、ぜひストレスレスに楽しんでください♪

HBでも上手にハードパンが焼けるみたいなので、HB派の方もぜひ^^

 

 

 

おすすめ記事(こんな記事も者さんに人です^^)

春よ恋100%の特徴とおすすめのパンは?安くて美味しい国産小麦粉?

家庭のパン作りがレベルUPする知識・悩み解決・製法まとめ!初心者&中級者向け

初心者向け自家製天然酵母の作り方は?憧れルヴァン種や液種活用法!

自家製酵母のパンとお菓子のおすすめレシピまとめ

パンが2次発酵で膨らまない原因とは?対処法を知れば美味しいパンが焼ける!

NO1カナダウエスタンレッドスプリング小麦(1CW)の特徴とは?世界一の小麦粉?

 

今日も記事をお読みくださりありがとうございました^^

よかったらこちらをクリックしてこのブログを応援してくださると、とても嬉しいです!!

 

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村にも参加中♪

ありがとうございます^^

よい1日をお過ごしください!

 

こびと

       

スポンサーリンク
   

 コメントを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です