初のレシピ本『簡単サワー種でつくる本格ライ麦パン』期間限定特別価格で販売中!ここをチェック!

旬野菜ゴロゴロトマト煮込みとバジル酵母のカンパーニュでディナー

レシピブログさんからGABANのスパイスプレゼントもらった♪

こんばんは!

秋にぴったりのスパイスを、レシピブログさんからモニタープレゼントしていただきました♪

(オシャレなスパイスなんて普段は買えないこびと家に、オシャレなスパイスが勢ぞろいしているのは、ひとえにレシピブログさんとGABANさんの素敵な企画のおかげです><♥ いつもありがとうございます!!すっごい使わせていただいてます!!)

 

秋の食材を使った料理レシピ

秋の食材を使った料理レシピ  スパイスレシピ検索

 

↑こちらの企画に僕も参加するのです(>v<)♪

 

ということで、秋になって一気に夜は冷え込むようになりました。

僕が住む関東の某県でも、朝と夜は寒いくらい!!

なのであったかい料理が恋しくなってきましたね^^

 

今日は、あまりにも冷蔵庫に食材がない、そして米もない、ああ、パンなら作れる!そうだ!パンに合うシチュー的なものを作ろう!!ということで・・・

 

トマト缶に助けられ、旬野菜のトマト煮込みを作って美味しいパンと合わせることにしました!

セレクトしたスパイスは「クローブ」です♪

 

 

旬の野菜ゴロゴロトマト煮込みのレシピ

材料(2人分)

 

・トマト缶 …1缶

・ニンニク …2かけ

・玉ねぎ …大1個

・カボチャ…お好みで

・ジャガイモ…絶対入った方が美味しい

・ナス…お好みで

・ベーコン …長いの3枚

・塩 …小さじ2/3ほど

・ダシダ  …小さじ1

・GABANクローブ<ホール>…ほんの1つまみ

・オイスターソース…大さじ2

 

作り方

スポンサーリンク


1、フライパンに油を敷いて、ニンニクを適当に刻んだものを香りが出るまで炒めます。

 

2、これまたザクザク適当に刻んだベーコンを入れ、少し焼き色が付くまで一緒に炒めます。

 

3、大きめにカットした玉ねぎを入れて飴色一歩手前まで炒めます。ナスも投入してしんなりするまで炒めます。

 

4、カボチャやジャガイモはあらかじめカットして電子レンジで加熱して火を通しておきます。ナスまで火が通ったらカボチャ、ジャガイモも入れて混ぜ、トマト缶の中身をすべて入れて絡めます。ダシダを入れてしっかり混ぜます。

 

5、お茶パック(だしパック)の容れ物にクローブをほんのひとつまみだけ入れてパックの口をしっかりとひっくり返してクローブが出ないようにし、フライパンに入れます。このとき水分が足りないようであれば水を追加し、中火でぐつぐつ煮込みます。※クローブは香りが強く、もし口にいれて噛んでしまうととんでもないことになります(笑)煮ている間にシチューに入ってしまわないように、だしパックを使います。

 

6、しっかり煮込んだら、最後に塩で味を調えて完成♪

 

バジル酵母で作ったカンパーニュとともに・・・

し・・・質素、いや、素朴♥

そのうちこのころのことを懐かしむ日が来るのだ!!

(昔は食べることもままならない日々があったじゃないか!そう、僕らは日々前進中♪)←PSTV

 

今回のカンパーニュを美味しく育ててくれたのは、こちらのバジル酵母ちゃん♪

(あ、これは1次発酵中の生地です)

 

焼きあがったカンパーニュ^^*

カンパーニュもだんだんと様になって来たんじゃ??

ささやかだけどエッジらしきものが見えてきた・・・!!

そして、最近のパンは昔よりがぜん焼き色が美味しそう!

(ほめるほめるwww自分でwww)

 

でっかい穴ぼこ空いてるのは見ないふりして、

「結構腰高に焼けた!」とまた褒めます(笑)

 

実はこのバジル酵母、めちゃくちゃ美味しいのです。(ってまたhometa!)

あとでバジル酵母のレシピ(って、レシピっていうほどのものでもないですが、)記事にまとめようと思ってます。すごく気に入ったから!

 

気に入りすぎて、液種を掛け継しながら、ついに元種化してます(・0・)!

僕が元種にするなんて、そうとう信頼のおける液種だけ。

バジル酵母はかなり元気な上に、美味しいパンを焼いてくれるので元種に昇格させました!笑

 

ハーブ酵母っていいですね。パンにがっつり香りが出て、本当に世界に一つだけ、うちでしか食べられないスペシャルなパンができあがる!!なんてロマンだ!!!!!

 

果物の酵母は、香りがしたりしなかったりですが、バジル酵母は焼いていてもバジル。カットする瞬間はバジルの香りに顔直撃されるほどのバジル。食べる瞬間、鼻に突き抜けるバジル。食べる。そしてバジル!

 

バジルが好きな方なら、すっごく虜になるに違いない酵母です。

美味しいです。バジル酵母のバゲットなんかもう最高です。バリバリのクラストをかみしめるごとにバジルが口の中ではじけます。

 

そして今回のカンパーニュ。

香ばしいクラストもさることながら、しっとり柔らかな甘みのあるクラムから香るバジルさんは、なんとまあ上品で!!!

 

そんな美味しいカンパーニュに合わせるディナーが、トマト煮込みだなんて・・・だなんて・・・さ、最高じゃん!!!!!

 

バジル×トマトなんて王道ですね♪

軽くトーストしたカンパーニュも美味しいし、柔らかいままのカンパーニュをトマトシチューに浸して食べるのもとっても美味しい♪

 

このシチュー、クローブの香りがガッツリついてます。

クローブで煮込むシチューは初めて作りましたが、独特な強めの香りはトマトとバジルとベーコンの美味しい脂と家にあるものなんでも入れちゃった野菜たちをうまく引き締めてまとめてくださって。

 

今後お肉ガッツリ系のシチューやカレーに入れてみたいな!と、新たなスパイスとの出会いがとっても嬉しいディナーでした^^

 

素敵なスパイス、ありがとうございました!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です