デジタルレシピ本『簡単サワー種でつくる本格ライ麦パン』好評発売中!ここをチェック◀

自家製天然酵母は冷凍できる‼パンを定期的に焼けなくてももう大丈夫‼

レシピ本『簡単サワー種でつくる本格ライ麦パン』好評発売中♪
自家製酵母に関心を持ったパン作り初心者の方にも、ライ麦パンに挑戦してみたかったけどなかなか手が出せずにいた方にも、低GI値のライ麦パンを健康やダイエットの観点から取り入れたい方にも、普段のパンのバリエーションを増やしたい方にもおすすめのデジタルレシピ本を発売しました!分からないことがあれば僕に気軽に質問できるので、パン教室に通いたいけど通えないそこのあなたもぜひ一緒に健康的なライ麦パンライフを始めませんか?

               (詳しいレシピ内容や購入方法はこちら

冷凍酵母を実験するに至った動機

スポンサーリンク

デジタルレシピ本『簡単サワー種でつくる本格ライ麦パン』を購入してくださった方から、

毎日いろんな質問をいただき、「そうか、こういう部分が気になったり、こういうところが難しかったりするのか」ととても勉強になっております。質問をくださった皆さん、ありがとうございます!

そしてその中で、数人の方から

「サワー種せっかく作ったけど、パンをしょっちゅうは焼けません。何日くらい日持ちしますか?」

という質問がありました。

日持ちは僕の経験則で

「(冷蔵庫放置で)3日以内にパンに使ったり、かけ継ぎしたりできたらベスト」

「長くて4日が限界か」

という内容をお伝えしたのですが、

最近ついに5日間冷蔵庫で放置プレイしてしまいまして、

瓶の中がどろっどろ。水が分離して浮いていましたので

「あぁ・・・無理かなぁ?」と思ったものの、

匂いが嫌な感じじゃなかったので、

祈りを込めて

①種をたくさん使うライ麦パンに使ってみちゃう→②減った分をかけ継いじゃう!

っていう強硬策に出たところ、普通に元気に大復活を遂げてくれました^^♪

ライ麦パンも、こんなに元気に焼いてくれましたよ!

#簡単サワー種でつくる本格ライ麦パン

#ライ麦50%のミッシュブロート

です^^

 

味はフレッシュな種よりも「味噌」のように熟成された深くて濃い味がしました!

こんな違いも面白い(^^)v

 

と、話はそれましたが、

「サワー種(とか、酵母種)を、もしも冷凍できたら、しょっちゅうパンを焼けない人でも気軽に自家製酵母やサワー種を起こして、その種を使いたいときに復活させて楽しめるんじゃないか?」

と思ったわけです。

 

こんな実験ができたのも、皆さんが素朴な疑問を気軽にお寄せくださるおかげです^^

「疑問」や「不便」が「発明」や「発見」を生み、「便利」をつくっていくんだなぁとしみじみありがたく思いました。

 

冷凍酵母(サワー種)実験!

スポンサーリンク

では、実際に行った実験の経過と結果をご報告します。

 

①元気なサワー種を小さめの容器に移し、しっかり蓋をして冷凍庫へ。

パンを元気に育てている実績のあるサワー種さんです。

②一週間以上冷凍庫で寝かせ、常温に戻してみる。生きているか?

9月15日に冷凍庫に入れ、9月27日に取り出したので、

11日後ですね^^ 1週間以上。

これ、本当に復活できたらすごい!!

取り出したときは、霜も降りて表面が白い。

カッチカチです(・0・)

常温に戻したところ、下の写真のように気泡ができたものの、

カサは全然増えず・・・。

パンに使ってみてもいまいち元気なし。。。

 

そこで!!(こびと、こんなことぐらいじゃ諦めませんよ!)

次の工程です↓

③かけ継いでみる。

ライ麦全粒粉と水を同量ずつ足して、かけ継いでみました!

かけ継いだ時のカサはちょうど半分よりちょっと下くらい。

↓↓↓

そして数時間後・・・

キターーーーーーーー!!!!!

容器マックスに膨れ上がりました!!

\\冷凍サワー種(冷凍酵母)、大復活です!!!//

 

④使い続けてみる。

でも、一回きりのまぐれかもしれません。

最後の力を振り絞ったのかもしれません。

なので、何回もパンに使って焼いてみました。

そして、少なくなってくると、何回でもかけ継いでみました。

でも相変わらず絶好調!!

レシピ本の裏レシピ企画のプレゼントレシピである

ライバトンも、クラストパリッと、クラムじゅわんと、

おいしく焼いてくれましたよ♪

こいつはチーズ&アーモンドのバトンです^^

裏レシピを手に入れて、焼いてくださる方も増えてきて、

おいしいライバトンの輪が広がっていって嬉しい限りです^^♪

パン焼き上手なパン友の方に、枝豆&チーズという組み合わせを教えていただき、

我が家ですっかり定番になりました★

焼きたてのパリじゅわは天にも昇るおいしさです(TvT)♡

夜中に焼きあがると、ダイエット中の僕は断腸の思いで

1本完食します(笑)

オーブンでいっぺんに焼くために、まっすぐには伸ばせないため、

うねうねしているねじねじバトン^^

この形もまた魅力的★

 

結論

 

サワー種ができるということは、

自家製酵母の元種もできるでしょう^^

 

「せっかく作ったのに、パンを焼く時間がない!」

っていう方は、命をつなぐために一部冷凍させてみてはいかがでしょうか?

(笑。なんだかSF映画みたいwww)

 

①元気な種を冷凍

②自然解凍

③フレッシュな粉と水でかけ継ぎ

④2倍以上に発酵したら冷蔵庫で一晩寝かせてからパン作りへ使用を推奨

 

以上、忙しいパン焼きさんのための、

冷凍実験でした^^

 

お役に立てれば幸いです^^ノ

 

こびと

 

2 Comments

ssspoo

はじめまして!
最近こちらのブログを知って、じっくり(笑)拝見させていただいております。オーブンレンジについては大変参考になり、同じ機種を購入してしまいました。また元々持っていた道具(100均で買い集めた)もほとんど同じで、大変参考になります。本当にありがとうございます。
余談ですが、10年ほどかけ継いでいる天然酵母をリフレッシュするため、大量に余っていた乾燥クコの実を使用したところ、えらく元気な酵母ができて驚きました。天然酵母も色々な食材を試していますが、ここ一番の元気さです。
ちなみに元気な中種を冷凍した事があります。解凍後、若干元気がなくなっていたので、1次醗酵は時間がかかりましたが、ちゃんとパンが焼けました♪

返信する
こびと

ssspooさん

はじめまして!ブログへコメント、ありがとうございます!
とっても嬉しいです^^
オーブン、同じのを購入されたのですね!
ちょっと前の機種ですが、めちゃくちゃ使いやすくて大好きです^^
オーブンが同じだと、レシピの温度設定や時間なんかも同じでできて、
僕のレシピを便利に使っていただけるかと思います^^ふふ

クコの実って、中華とかに使うやつですか?
そういうので酵母起こしたことなかったです!やってみたい!

ssspooさんも冷凍酵母やったことあるんですね!
僕のも解凍後は元気なかったのですが、
かけ継いで元気になる、パンが焼けるってことは、
酵母は冷凍しても死なないってことですもんね。面白いですね!

これからもぜひ当ブログに遊びに来てくださいませ^^
ありがとうございました!

こびと

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です