パンのこね方とこね上がりの目安とは?手作りパンをもっと美味しく!

こびと

奥さん専属パン屋さん♪実は小説や詩を書きます! 2018年1月末より、酵母にまつわる短編を連載していきます♪ パンのレシピや酵母のお話のお供に、こびとの作品もぜひ^^

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 中林 裕子 より:

    こびとさん、こんにちは。

    ポーリッシュ法、やってみましたよ。
    これは、他の方法に比べて劣化がゆっくりですね。やってみて、驚きました。

    あと、他にもパンを焼いてみて驚いた事が。。こびとさんのトピックの「捏ね」に通じる内容ですが、自家製酵母でよく捏ねて作った食パンと、ドライイーストでほとんど捏ねず、冷蔵庫で発酵させる方法の食パンを同時に作ってみました。
    焼き上がりの大きさの差に驚きました。自家製酵母の食パンの方が明らかに使った粉の量が少ないのに、出来上がりはすごく膨らんで、こねないパンとはるかに大きさが違いました。焼いてすごく上に伸びた感じです。
    また自家製酵母は、焼いたあと重くてずっしりしており、使った粉の分量が間違ったのではないか、と疑ったくらいです。
    これは、グルテンの違いかな???と。後は使った酵母の違い?実験をするために作ったわけではなかったので、今度は、同じ酵母でよく捏ねたもの、捏ねないものを比べて作ってみても面白いかな。。。と思ってます。ますますパン作りにはまりそうです。

    実は、私も「あんこ」さんのブログ大好きで・・戻ってきてくださって、本当に嬉しい!!!

    あんこさんのブログにありましたが、ダレてしまう生地。
    私は南国に住んでいるせいもあって、自家製酵母の暑さによるダレとすっぱくなる事、これをどう克服していくか・・いつも挑戦してます。なかなか難しいです~;; 自家製酵母辞めようかな?と思いましたが、こびとさんのブログに出会い、再度挑戦意欲が。。。^^
    あんこさんのように、そのダレを利用出来るようになれたら、どんなに良いことか。これは、経験を積んでいくしかないですね。理想のパン作り、慌てずに、たとえゆっくりでも、少しずつ理想に近づいていけたらな~と思っています。

    • こびと より:

      中林さん、こんにちは^^
      ポーリッシュ法、違いが出てよかったです^^!

      そういう実験、面白いですよね♪ (ダメだったパンをどう食べようかと言う悩みは絶えませんがw)
      やはりしっかりこねるとグルテンが強くなって、ボリュームも増しますね^^

      自家製酵母を始めた人の中には、「あんこさんがきっかけで!」という方がたくさんいらっしゃると思います!!僕もその一人です!!
      中林さんも大好きだったのですね^^ とっても温かな家族の様子と愛されたパンの様子が伝わってきて、とても癒されるブログですよね~!!
      ゆっくりゆっくりでいいので、これから先もあんこさんのブログがあり続ける自家製酵母界であって欲しいです(*^^*)ひそかな願い。

      夏!酵母も生地もだれますよね>< 僕もです!
      でもこびとのカフェで再度挑戦意欲を燃やしていただけて、本当に光栄です!
      一緒に暑さに勝ちましょう(笑)僕は暑いことが大の苦手で、酵母と一緒にだれだれですが、どうにか頑張りますww

      初めて酵母と過ごす夏を、僕もいろんなことを学び取りながら楽しんでいきます!何かいい情報があればぜひシェアしてくださいね!!
      パン作りの感想も、いつでも大歓迎です^^ノ
      今回も素敵コメントありがとうございました!!

      こびと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です