ロメインレタス酵母の作り方♪葉野菜酵母はキムチっぽい発酵臭?

ロメインレタスって知っていますか?

スポンサーリンク


ロメインレタスって聞いたことがありますか?

 

レタスよりも葉がしっかりとして固めで、

シーザーサラダの主役となる葉野菜なんです!

これです!

普通のレタスは火を通すとしなっとなってしまいますが、

ロメインレタスは炒め物にしても平気なんです!

美味しかったですよ~^^

 

生でサラダにしてもシャキシャキの元気な食感がとっても美味しい!

 

レタスというより、なんだか白菜チックながっしりさで売られていたこの子を、

特売でゲットしてきたので、新鮮シャキシャキのうちに酵母にしてみました!

 

 

ロメインレタス酵母の作り方

酵母の作り方はいつもとおんなじ♪

↓↓↓

初心者向け自家製天然酵母ガイド!簡単な作り方&憧れルヴァン種も!

 

酵母についてのあらゆる知識をまとめてきた記事たちはこちらから↓↓↓

【天然酵母まとめ】作り方からコツ、応用、失敗の原因まで網羅!

 

ロメインレタス酵母作り♪

スポンサーリンク


 

1、煮沸消毒して冷ました瓶にロメインレタスをたっぷり入れます。

 

2、浄水を水道から直接流水で瓶の口から1㎝のところまで注ぎ入れます。

 

3、ざらめを小さじ1ほど入れ、蓋をして振っておきます。(この大き目の瓶、蓋が錆びちゃったので今回はラップです笑)

 

4、毎日1~2回、振って蓋を開けて空気を吸わせてあげました。

 

5、だいたい5日~7日くらいでぶくぶくしました^^ノ

↓↓↓

↓↓↓

炭酸飲料みたいですね!

香りはロメインレタスのほろ苦いレタスの香りがいい感じです^^*

 

ロメインレタス酵母で作ったパンのお味は?

自家製天然酵母のカンパーニュレシピ!簡単配合♪クープのコツも!

↑このレシピ記事で紹介していたこちらのカンパも、実はロメインレタス酵母です^^

 

酵母の素材ごとにいろんな香りと味を楽しめるので、

酵母液種でのカンパーニュ作りが大好きなのですが、

今回始めたの葉野菜酵母で嬉しい発見が!

 

葉野菜酵母の発酵の香りは・・・

 

キムチのニンニク抜きの香り!!!!だと思います>v<♥

 

酸っぱくはないんだけれども、乳酸菌がいい感じにまろやかに発酵しましたね!っていう香り(笑)

わ、分かりますか???汗

 

食事パンに深みを与える、実に好みなお味でした★

 

肉料理に合うんですこれが~~~♪

 

とにかく、葉野菜でも無事酵母が起こせることが分かりましたので、

これからの季節はほうれん草の無水酵母にチャレンジしてみたいと思っているこびとでした!

 

よかったらパンランキングの応援クリックよろしくお願いします♥

↓↓↓

 

いつもありがとうございます^^

明日もよい1日をお過ごしください!

3 Comments

p3

おはようございます。
サイト リニューアルですね。とても見やすくなったと思います。
参照しやすいです。ありがとうございます~~!!

さて、どこにつけたらいいかわからなかったんですが、質問していいでしょうか?
リュスティックが焼けた梅酵母の液種をかけ継ぎしたんですが、復活しない!
再度ブクブクしないのです。
お水を足して砂糖を入れて常温に戻し、結構待っていますが、ノーリアクション!
色もだんだん白っぽくなってきて、匂いはまだ梅の香りですが・・・。
ひとつ気になるのは「砂糖 多かった?」です。
砂糖が多すぎてもダメ?なんでしょうか?
お時間あるときに教えてくださると嬉しいです。

返信する
こびと

p3さん

こんにちは!
サイトリニューアル、やってよかった~~~!!!
皆さんがもっと見やすいように、見たい記事を探しやすいように、
頑張ってみました★
見やすくなったって言ってもらえて、すごくやった甲斐がありました!!
コメントで教えてくださってありがとうございます!!!(p3さん優しい!!!)

梅酵母のかけつぎの件ですが、
このコメントを昨日読んで、すぐにうちの冷蔵庫で眠っている古株のレーズン酵母で実験してみました。
ちゃんと管理しないと腐ったりしてよくないと思うので、
皆さんにおすすめはできないのですが、
僕はレーズン酵母なら、液種の状態でかなり長い期間(1か月はゆうに超えてる・・・)保存しています。
寝てるんだか、死んでるんだかわからないくらい冷蔵庫で静かに過ごしている僕のレーズン酵母ちゃんですが、
昨日取り出して、しばらく室温に置いたあと、瓶を振って蓋を開けてみると、
しゅポンっと(小さめですが)音がして、泡が立って、ぱちぱち消えていく音がしばらく続きました。

これで生きてるな!と思ったので、ちょうど家にあったレーズンを数個落として様子を見てみたら、
気泡がレーズンを取り囲んで、何やら瓶の中でレーズンのかすとかが元気に動き始めていました(笑)
活動再開!みたいな元気さでした。

今までいろんな酵母液を作ってきましたが、一度ぶくぶくしなくなったら、
残念ですがもうあきらめて早めにお料理のお酒替わりとかに使った方がいいと思います!
梅酵母なら、お料理をぐっと美味しくしてくれるはずです!

砂糖をどの程度入れられたのか分からないのでなんとも言えないのですが、
ちょっと調べてみたところ、砂糖を入れすぎると液体の濃度があがって、
濃すぎると酵母が生きづらいみたいですね・・・。
でも、シロップや無水酵母で濃厚な酵母を起こしている方もいらっしゃるので、
どれが正しいのか、現時点でははっきりしたことは断言できません。すみません。

ちなみに僕は、酵母をかけ継ぐときにはザラメを使っています^^
ザラメを、小さじ半分くらい入れて、水を足して、かけ継いでいます^^
それか、同じ材料(フルーツなど糖分があるもの)を足すことでリフレッシュさせています。

でも、砂糖じゃない原因も考えられます。
もう暑いですし、蓋を開けた際に雑菌などが入り込み、
室温が酵母よりも雑菌の方に有利な環境だった場合、
酵母が負けてしまってぶくぶくしなくなってしまいます。(=酵母が死んでしまう)

なので、夏はあまりに熱い部屋で酵母を起こさないようにしましょう。
冷房を聞かせているところでやってくださいね^^
あっという間に発酵してくれるので温かい部屋に置きたい気持ちも超わかります。(はい、僕もやりましたw)
でも、雑菌を増やさずに酵母をきちんと育てるためには、
26度~28度くらいの室温でやるのが安心です。

僕も最初の夏は酵母が言うことを聞いてくれなくてすごく落ち込んだ時期がありました><
でも、酵母も熱中症にならないように面倒を見てあげる、ってイメージでやると
春みたいに普通に起こせると思います^^

ファイトです!

こびと

返信する
p3

こんにちは~丁寧なお返事ありがとうございます
やっぱりこれだけ待ってブクブクしないので梅酵母はあきらめました。
飲んじゃいました(笑)。酵母液はお腹によさそうです。

小さじ半分!なるほど!濃度!なるほど。
瓶もそれほど大きくないのに小さじ1は優に入れたので、確かに濃くなっちゃったのかもしれません。
今度、ザラメ買ってきてみます。

酒粕酵母はちゃんとかけ継げたみたいです。
すごいですね。シュッポン!って音がしました。
家の人がベーグル好きなので、今度はベーグルに挑戦します。
ありがとうございました~。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です